中高生部門 全作品を見る 兵庫県 応募作品

歴史の道

投稿日:

 

由緒ある史跡が多いだけでなく、古くからの町家が残り、そのまち並みも外国人観光客人気の古都、京都。
近年では、昔ながらの町家を利用した飲食店なども増えており、歴史を感じられるのもうれしい。町家ブームの中でも、京都の町家は特に「京町家」と呼ばれ人気だ。
京都市内に古い家屋が多いのは、太平洋戦争において爆撃地域が限定されていたため。わずかではあるものの江戸時代の家屋も残っており、江戸時代半ばには、現代でいう京町家と似た構造になっていたと推測できる。
京町家の特徴としてよく挙げられるのが、間口は三間程度と狭くて奥行きが深く、いわゆる「鰻の寝床」と呼ばれる町家が多い。しかし、敷地が狭くても庭はあり、敷地の一番奥の往来から離れてくつろげる場所に造られてされているのが一般的だ。商家なら、くぐり戸を抜けると商売を営む「店の間」があり、その奥に玄関庭が作られることもある。玄関から裏庭までつながる土間を「通り庭」と呼び、その途中に坪庭と呼ばれる小さな庭があることもある。客をもてなす座敷は建物のもっとも奥側にあり、簡素でも床の間が造られている。
また、往来に面して格子が設置されていることも特徴のひとつ。屋外からは家の中が見えづらいが、室内から外はよく見えるため、プライバシーを守ると同時に、来客への対応がスムーズなのだ。外壁に「揚見世(ばったん床几)」と呼ばれる折りたたみ式のベンチが設置された家もある。
虫籠窓と呼ばれる塗籠式の、目の細い窓も京町家らしい意匠。虫籠窓は低い二階や屋根裏につけられており、「虫籠」と表記するものの、酒屋や麹屋で使う「蒸しこ」に似ているからこの名がつけられたとする説もあるようだ。竹や木をゆるやかにカーブさせた「犬矢来」と呼ばれる垣根も目を引く。装飾性が高く、見た目にも美しい。
人々は歴史を尊重して残していくことを願います。

Photo by 林銥暢

-中高生部門, 全作品を見る, 兵庫県, 応募作品

Copyright© 第9回古民家フォト甲子園 , 2020 All Rights Reserved.