中高生部門 全作品を見る 応募作品 栃木県

春爛漫

投稿日:

 

日本遺産の街、そして大谷石の産地、宇都宮市大谷地区です。
市内に約900棟ある大谷石建造物は、カフェやギャラリーなどへの転用が進み、現在も地場産業として大谷石採掘は続き、地下の迷宮は拡がり続けています。
栃木県有形文化財に指定された、屏風岩石材の大谷石造りの石蔵は、西蔵が明治41年築の居住用(座敷蔵)で、曲線や繊細な洋風装飾を用い、東蔵は明治45年築で、倉庫(穀物蔵)として建てられました。
硬さ、そして力強さを感じることのできるこの風格ある建物は、100年後に残したい石の街大谷を代表する風景です。

Photo by もり

-中高生部門, 全作品を見る, 応募作品, 栃木県

Copyright© 第9回古民家フォト甲子園 , 2020 All Rights Reserved.